「vim」カテゴリーアーカイブ

vim 改行コード^MをLFに変換する

vimファイルを開くと改行位置に「^M」という文字が付くことがあります。

これをLFに変換します。

ちなみに^Mの入力方法はCtrl+v Ctrl+mです。

mm

mm3

一応改行されましたが、

mm4

ファイルを保存し再度開くとファイルフォーマットが[dos]になっています。。。

これだけだと、どうやらCRLFになっているようなので、、、、

:set fileformat=unix コマンドを打ち、ファイルフォーマットをunix形式に変換。

mm5

一旦、保存し再度vimで開き、

:set fileformat コマンドでファイルフォーマットを確認すると

mm7

無事、fileformat=unixと表示されている。
(LFになっているということ)

vim ファイルのエンコーディングを確認する方法など

vimでファイルのエンコーディングを表示する方法。

:set fileencoding とコマンドを打ちます。

fe1

fe2

現在のファイルのエンコーディングを示してくれます。

ファイルエンコーディングを変更するには以下のコマンド。

 

ファイルのフォーマット(改行コード)を確認する方法

:set fileformat と打ちます。

ff1

ff2

fileformat=unixと表示されれば改行コードがLFで構成されているということ。

以下のコマンドで改行コードを変更することができます。

 

以下は、表示エンコードを変更します。

以下のコマンドで表示エンコードを変更できます。

uft8のファイルをsjisで開いているので文字化けしてますが、

表エンコーディングをutf8にすることで文字化けせず読むことができます。

enc1enc2

vimの文字列検索結果のハイライトをクリアする方法

vimの文字列検索結果のハイライトをクリアする方法

文字列検索をすると検索文字列がハイライトされますが、

検索文字列を確認した後は、編集作業には少々邪魔なものになりますよね。

vim_noh1

このハイライトをクリアするには、以下コマンド

noh

を打ちます。

vim_noh2

これで画面がすっきりしました。